プラステンアップの口コミを調べると、まずいという感想もいくつか寄せられています。味の薄さや粉っぽさが気になるという意見もあるものの、ほとんどの人は工夫しながら飲み続けています。ヨーグルトなど食品に混ぜている人もいました。

プラステンアップの口コミを調べてみると、まずいという評判も見られます。
実際にプラステンアップを使用した人から、どのような感想が寄せられているのでしょうか。

「レモン味とのことですっきりして飲みやすいのかと思いましたが、息子には「まずい」と言われてしまいました。
自分でも飲んでみたところ、確かに味が薄いように感じたので、水ではなくジュースやスポーツドリンクに溶かして飲んでいます。」

「最初は水に溶かして飲ませていましたが、味が薄いのが気になったので、ヨーグルトに混ぜて食べています。
クセのある味ではないので、食べ物に混ぜても問題ありません。」

「以前はプロテインを飲ませていましたが、効果が感じられなかったのでプラステンアップに切り替えました。
息子は毎日飲んでいますが、味はプロテインのほうが好みのようです。
飲めないほどまずくはないけれど、おいしくもないと言っています。」

「中学に上がってから周りの子はどんどん身長が伸びているのに、息子は相変わらず小柄なままです。
本人が気にしているようだったので、こちらの商品を購入しました。
水に溶かすと粉っぽいのが気になると言っていたので、今は牛乳やヨーグルトに混ぜています。」

「中学生の息子に頼まれて購入しました。
実際に飲んでみると、想像していたよりも薄味でした。
多めに溶かして味を濃くすればおいしく飲めます。」

「娘は牛乳が苦手なので、水に溶かして飲めるのはありがたいです。
でも、味が薄いのか、飲めないほどではないけれど微妙だと言っています。
今はおいしく飲める方法を模索中です。」

口コミによると、味の薄さや粉っぽさが気になるという意見が見られました。
しかし、ほとんどの人は工夫しながらプラステンアップを飲み続けています。

プラステンアップはすっきりとしたレモン味です。
口コミにもあるように、クセの強い味ではないので、ヨーグルトや牛乳にもよく合います。
味の薄さが気になる場合は、スポーツドリンクやオレンジジュースなどの飲料に混ぜて飲むのもおすすめです。
プラステンアップ オレンジジュース

また、プラステンアップは摂取量の目安を守っていれば、水や牛乳の量が変わっても効果に影響はありません。
好みの濃さになるように量を調節してみてください。

粉っぽさが気になる場合は、温めた牛乳やお湯に入れると溶けやすくなります。

 

牛乳嫌いでも、いろいろ混ぜることができるので安心ですが、味に好き嫌いが多くて不安…という方は、まずは1ヶ月お試ししてみませんか?

⇒1ヶ月お試しでも80%OFF!アスミール公式限定割引はこちら

プラステンアップを飲む時間帯で効果に違いが出るのか?成長ホルモンとの関係

中学生・高校生の成長期をサポートする栄養補助食品の「プラステンアップ」は中高生に特化した成長サプリとあって支持されています。

中学・高校は最も成長する時期でもあり、思春期ということもあって周りとの体格の差や身長差が気になり始める頃です。

プラステンアップ 身長

前の方から数えた方が早いと小さく感じるもので、お子さんの方からプラステンアップを飲みたいとお願いして購入に至るご家庭も少なくありません。

そんなプラステンアップを飲んで、より効果が感じられる飲み方があるのか調べてみました。

栄養補助食品なので飲み方や飲む量は厳密に決められていませんが、飲む時間帯によって効率的に吸収できるかどうか変わってきます。

まず飲む時間帯ですが「夕ご飯を食べた後から眠りにつく2時間前まで」が最も良いとされています。

これは成長ホルモンの分泌と深い関係性があります。

成長ホルモンの分泌が最も多いと言われている時間帯はゴールデンタイムと言われている22時~翌2時までの間です。

ただ、最近言われているのは眠りの深さが成長ホルモンの分泌量と関係しているということもあって、22時~翌2時の間寝ていなければいけないというわけではなくなっています。

最も大切なのは眠りについて最初に来るノンレム睡眠(深い眠り)が最も深い眠りになるため、成長ホルモンの分泌量が最も多くなるという研究結果が出ています。

だったら寝る寸前に飲むのが一番効果が発揮されるのでは?と思うかもしれませんが、それは間違いです。

寝る直前に食事や栄養を摂ると体の中に消化できていない状態で残ることになってしまいます。そうすると寝ている間も内臓が休むことなく消化吸収のために働き続けなければいけなくなるのです。

質の良い睡眠はノンレム睡眠の深さと内臓を疲れさせないために未消化のものがない状態にしておくことです。

ということで「夕ご飯を食べた後から眠りにつく2時間前まで」にプラステンアップを飲むのが良いという結論になります。

眠りが浅くて困っている人のことも考えて「クワンソウ」配合

プラステンアップ クワンソウ

プラステンアップを効率的に吸収するために飲むタイミングと睡眠の質と成長ホルモンの分泌量の関係性を説明してきました。

なのに、現代の子どもたちは寝付けない子が多いと聞きます。
寝不足だったり、眠りが浅くて朝から怠い、食欲がない...なんて子も少なくないと聞きます。

成長期の子どもにとって睡眠はとても重要で成長にも関係してきますし、自律神経にも関係してきます。

なのに”眠らないための道具””眠らないための誘惑”が多いことが最大の悩みです。

  • 寝る寸前までスマホを見ている
  • 寝たいけどLINEのやり取りが止められない
  • SNSに集中して睡眠時間が削られる
  • スマホアプリのゲームが止められない

等々…睡眠の邪魔をするものが周りに溢れています。

これではどんなにプラステンアップから栄養を摂取して成長する体づくりをしても効果が出にくい、もしくは半減してしまいます。

  • 寝る前はスマホを見ない
  • 睡眠時間は6時間以上確保する
  • 寝る前は目を疲れさせない
  • 電気を消して寝る

簡単にできることです。心がけるようにして質の良い深い眠り(ノンレム睡眠)を確保しましょう!

それでも眠れない子がいるということで、プラステンアップは沖縄では昔から食べられていた休息ハーブと言われる「クワンソウ」を配合しています。

沖縄では家庭の畑でも栽培できることから身近にあったもので「休めない時に食べる」というもの。

成長に直接必要な栄養素ではないですが、眠りと栄養と成長ホルモンとの深い関係性から間接的に重要な「クワンソウ」を配合しているのはプラステンアップの特徴です。

⇒まずはお試し!アスミール限定割引はこちら